<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Breath <sakko>

f0215496_1138305.jpg


初めて訪れた街なのに、なぜかとても懐かしい。
道に生活がこぼれている。
この街には、力が、気がみなぎっている。

確かに人が生きており
生活があって、
驚くほど、生きる事にどん欲だ。

そのたくましさに、しばし見とれる。

2010.11@ホーチミン
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-30 11:58 | しり撮り

再生の街で

f0215496_194011.jpg


街から、ひとつの映画館が消えた。

ほんの3年前の出来事だ。

もうすぐ、その消えた映画館の向かいの映画館で、

僕の出演した映画が上映される。

ほんの一週間だけ。


映画「アワ・ブリーフ・エタニティー」 横浜・シネマ・ジャック&ベティにて
12月4日から10日まで。

草野康太×中村高寛 photo session 「ヨコハマ・ブリーフ・エタニティー」
横浜市中区若葉町 似て非ワークス にて展示中!
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-28 19:53 | しり撮り

いまもあるいまはもうない光景 <いはら>

f0215496_0194670.jpg


1987年の正月・M市で

実家に集まった子供たち。
この部屋はまだあるけれど、
もう、この子供たちが遊ぶことはない、
そんな思い出の部屋です。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-27 00:22 | しり撮り

タイムスリップ tomo

f0215496_2214284.jpg


目を閉じると

沸いて出てくる

良いこと悪いこと


消しても消えない過去

でもそんな場所が

ホッとする。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-25 22:14 | しり撮り

狸予備軍 <ALAO>

f0215496_0502426.jpg

初めて沖縄に行ったのは、返還された年だから1972年の秋。返還はされたものの、クルマは右側通行、左ハンドルのまま。食べ物といえばアメリカ兵あいてのステーキ屋ぐらいで、おいしいものはなかった。
クルマで名護のほうまでたびたび行ったがずいぶんと時間がかかったような記憶がある。那覇で泊まったホテルは丘の上のヒルトンだったろうか。忘れた。そのころはまだ首里城は復元されていなくて沖縄大学があった。沖縄の中心は嘉手納基地で、アジア的な雰囲気は希薄だった。
僕は沖縄のロケがあまり好きではなかった。天気が悪いからだ。サイパンやグアムのようなつもりで行くと痛い目にあった。海外ロケができない場合に、沖縄でということもよくあったのだが、沖縄の天気がいいのは、梅雨があけた6月7月8月ぐらいでわざわざ南国を求めて沖縄に行く理由はなかった。なにしろロケに行くのは日本が寒い時だ。運を天にまかせて結局一日も晴れず、、サイパンで再撮なんてこともあった。
あの頃沖縄文化は潜伏していて、どこか殺伐とした街、といった印象だった。
JALやANAの沖縄キャンペーンでは、青い海って宣伝するけど、それは夏のことで、決して常夏の国ではなかった。夏だったら本土だって、夏だ。
一度、1月のサイパンで化粧品のロケをしているとき、A社の沖縄キャンペーンの撮影を、サイパンでやっていた。1月の沖縄は天気もあまりいいとはいえないから、ちょっとフェイクだけれど、サイパンでといったところだったのだろう。同時期の撮影だったので軍艦島でよく一緒になった。え、沖縄キャンペーンをサイパンで?って疑問に思った。そのせいかわからないけど、A社のそのロケは公開されることはなかった。やっぱりまずかったのだろう、その後本当に沖縄で撮ったようだ。
首里城が復元されたのはは90年代だ。その後の沖縄はみるみる発展し、食べ物もずいぶんとうまくなった。きっと嘉手納基地から沖縄の中心は、首里城になったからだろうかアジア的なエキゾチック場所になっていった。だから今の沖縄は好きだ。それからたびたび行くようになった。好きな場所は那覇の桜坂と金武の街の社交街。
この写真は5、6年まえのこと。首里城に修学旅行生がつぎつぎにやってきた。そこに超ミニの集団。新潟からやってきたという。実は新潟の女子高生のミニが一番短いと聞いた。ほんとだろうか。確かに短い。ばっちり化粧をしている子もいた。元気な女の子たちにくらべて、地味な学生服の男の子たちは、とてもおとなしかった。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-23 01:23 | しり撮り

おとぎばなし <HIRO>

f0215496_155158.jpg



「お前が犯人」


箒がその身を倒したならば、

周囲はあらあら あら不思議、

たちまち世界は消えうせて、

残るは枯葉とたぬきのみ。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-21 01:59 | しり撮り

サウンドトラック <WASABI>

f0215496_23215994.jpg


都会の雑踏が、自分のサウンドトラックに聞こえているか。
大勢の人々のサウンドトラックに聞こえていないか。
「僕の、短い永遠。」* その瞬間は、意識していない普通の時間の中に潜んでいるかもしれない。

*新宿K's cinema にて、11/19まで展示
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-18 23:51 | しり撮り

ラブストーリ<Canon☆>

f0215496_0124596.jpg

映画の中のラブストーリのような彼と彼女
どんなサウンドトラックが似合うのだろうか?
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-17 00:13 | しり撮り

Original Sound Track <桃子>

f0215496_11312195.jpg


犯人は誰?
字幕を読みながら
たどたどしい想像力に追い立てられ
思考が前後左右する。

ちりばめられた手がかりと伏線が
気持ちのいいほどに集約されて
ひとつの結末に導かれていく。

エンドロールに流れるOSTの切ないメロディ。
明るくなるまで席を立つことができず
その音楽が消えるまで
じっとそこに座っていた。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-14 11:36 | しり撮り

手がかり  maki

f0215496_146658.jpg

どうしても曲名を思い出せない音楽がある。
たまたま見ていたテレビの連続もので、
それがどんな内容だったのか、思い出すことはできないんだけど、
その音楽は、たしかその番組のテーマ曲だった。
さびの部分しか思い出せず、
しかも、日本の歌だったのか洋楽だったのかすらわからない。
こんな状態で、どうやってその曲名を調べればいいんだろう。
手がかりは、忘れたころにやってくる。
でも、そのころには
かなしいかな、それはもう興味がなくなっていることも多い。
[PR]
by aypc2009 | 2010-11-13 01:44 | しり撮り